2020年05月16日

カバーリング。

机の上にあるHDMIのセレクタ―。機能的には問題ないんだけど、なんでか表面がベタベタしてきた。原因は熱くらいしか考えつかないけど。とにかくふいてもとれないし指紋がつくほどベタベタしている。除光液かうすめ液でふけばいいのかとも考えたけど、本体の色が変に剥げて勝手にビンテージっぽくなるのも嫌だったので、耐熱のカッティングシートでカバーリングすることにした。ものはこんな感じだ。HDMI出力される機器をセレクトして1つのモニタに送るものです。別々に立ち上がっているAPC(WIN)とBPC(MAC)と切り替えて画面を見ることができる装置って感じかな。

200516_001.jpg

まず上蓋と下蓋をとめているネジを4本外して。

200516_002.jpg

蓋を取る。

200516_003.jpg

基盤をとめているネジ4本を外して、基盤を外す。

200516_004.jpg

ケースは中性洗剤で洗ってみたけどベタベタは取れなかった。悔しかったので細かいコンパウンドで軽くこすってみたけど、塗装が剥げたら嫌だったのでなんとなくやめた。水をふき取ってもべたべたしていた。

200516_005.jpg

ベタベタに関してはあきらめた・・・。というかカバーリングするから関係ない。耐熱カッティングシートの出番。きれいに貼らないとね。

200516_006.jpg

貼る面は平らなのでヒートガンなどは使わずにそのまま貼った。少し大きめにきって、貼った後大まかにカットする。貼った縁がきれいになってないとそこにほこりがついたり、そこに何かがひっかかってはがれてきたりしそうなのでカッター縁に対して45度くらいにあてて慎重にカットした。接続端子部分の穴なども同様に処理して。上蓋も下蓋もいい感じになった。あとは逆の手順で戻せば出来上がり。

200516_007.jpg

なかなかきれいにできました。ベタベタなくなりました〜。



posted by secret909-master at 17:05| Comment(3) | LIFE